カードローンの借り換え情報~銀行おまとめローン他

用途に合わせての4択。

カードローン選びのポイントは、自身の条件を照らし合わせる事です。
簡単に分けると4パターンあります。

・今だけピンチになった、次の給料日で全額返済可能。

無利息期間のあるカードローン以外考える必要はありません。
審査も、他での返済が終わっていない等の特殊な事情がない限り通るはずです。

・明日いきなり必要になった、とにかくスピード

即日審査が売りのカードローンを選んでください。
ただし、知名度の高い所をお勧めします。
即日とはいえ、妙に金利が高い所は危険です。
今は即日=高金利などということはほぼありません。

・多めに必要になった

これは金利優先で選ぶのがポイントです。
しかし、多目といっても50万円以上の審査は覚悟する必要があります。
普通の借り入れの場合、ほぼこの選択になると思います。

・多めに必要かつ、職業が公務員や社会的信用度の高い物である

これは例外パターンです。
これに当てはまる場合、超低金利の銀行系カードローンの審査が通る可能性が高いです。
殆どの所が金利5%を切ってくるので、長期的に見ると一番です。
加えて、高額が必要な場合は銀行系が強いです。

しかし審査はかなり時間がかかりますので、即日はまず無理です。
あくまで「審査に通れば」最強のパターンです。

これは大きく分けての4パターンなので、実際にはもう少し簡単です。
無利息期間や即日でも低金利の所はありますので、実質お金が必要な速度の選択です。
貴方の用途に合わせて、カードローンを選択してください。

複数キャッシングにおすすめ!おまとめローン

複数のキャッシングの返済を抱えてしまった人にとって、おまとめローンを利用するメリットは、いくつもあります。その中でも一番のメリットは、金利にばらつきのあるキャッシングを一つにまとめて、低金利で返済していけるようになることだと思います。

銀行のおまとめローンとして利用するローンの定義は、限度額が大きくてなおかつ金利が低いというものです。数社のキャッシングを一手に引き受けることができる度量と、それでいて低く設定された金利は、利息の膨らんだローンに苦しむ環境を変えてくれる救世主といっていいでしぃう。

また、返済する手間という面でも省いてしまえるのが嬉しいですね。あちらこちらとローンを返していくと、うっかり一社返済を忘れてしまったなんてことにもなりかねませんが、一つの返済なら忘れようも無く快適に行っていくことができます。月を重ねるごとに明らかに金額が減っていくことも分かるので、励みにもなるでしょう。

借金自体が減るわけでもなく、誰もが利用できるというわけでもないおまとめローンですが、ローンの悩みを軽減してくれることは確かなので、困ったときは積極的に利用していきたいですね。

出川との共演拒否ってほんと?

アッコにおまかせに久々にブラックマヨネーズが出演し、番組に出なかった理由を問われ、出川哲朗さんとの共演を拒否していたので出なかったと答えたそうですが、こうやって活字になると、ピリピリした緊迫感が漂っていた感じを想像しますが、実際のところはどうだったのでしょう。

私は番組を見ていなかったのでわかりませんが、おそらく冗談ぽく言って盛り上がったのではないかなと思います。
カンニング竹山さんが、出川さんと共演NGの芸人は多いですよ、と言ってドカンとウケ、出川さんが苦笑いしているのが想像できます。

この程度の話がニュースとして配信されるのが不思議ですが、こうやって私の目に留まるわけですから、世の中の人の関心を集めているんだろうなと思います。

数年前、偶然出川さんと遭遇した時に、友人がサインをお願いしたのですが嫌な顔せずに、いいですよ~と「男 出川哲朗」とサインしてくださったので、単純ですが、いい人だと思っています。
体を張った仕事をこれからも頑張ってほしいと思います。

どんな長寿番組でも視聴率次第

今年の九月、大御所芸人である明石家さんまが司会を務める「さんまのスーパーからくりTV」が打ち切りになることが決まりました。

前身番組から数えると二十二年もお茶の間を賑わせてきた番組であり、私個人としても学生時代に毎週観ていただけにこの度の決定は残念に思います。お笑い界をまとめていたような人ですし。

笑っていいともに続き、また長寿番組が一つテレビからなくなってしまいます。
けれど、それも仕方のないことかもしれません。

ここ最近は裏番組に押されて視聴率が低迷し、加えて出演者の高額なギャラを含む人件費、それらを考えると長寿番組とはいえやってはいけないと思います。
これで視聴率さえ取れていれば、テレビ局もどんなに金がかかる番組だったとしても存続させるでしょうが、そうしないと決断したからには他に道はなかったのでしょう。

いくら人気芸能人を出しても、中身がともなっていなければ視聴率は稼げません。冠番組とはいえ、さんまのネームバリューだけではやっていけない時代になったのかもしれません。

他の出演者も突然の打ち切りに困惑しているようですが、長寿番組にあぐらをかいて必死に生存競争を戦う努力をしてこなかったツケが回ってきたという記事の指摘には私も同意します。

どの業界でも怠け者は淘汰される、番組でも同じこと。それが人生の厳しさだと思いました。

どこが始めたかってそんなに大事?

今回のワールドカップで試合後にゴミを拾っているって美談がありました。敵チームの場所も拾ったりしていたそうなので良い話だなぁと思っていたら、違う角度から揉めてると言うか、ちょっといざこざしているようです。

まぁどこが最初にやったとかって話なんですけどね。正直な所どこでも良いのではないのか?と言う気持ちになります。人に褒められておかしくな事していても、私がやったんだぁって自己申告されると素直に褒めたくないのは何故なんでしょうか。

それに反発して、いや日本だ、と言うのも何とかならないでしょうかね。むしろもうそれをやるのは当たり前の事にして、良い話で終わりたい所です。ワールドカップは好きですが少なからず弊害なんてのも起こっているので、少しでも減らして良い大会で終わりになって欲しいです。おまとめローンとか、状況にそくした対応をするのが日本人なので、妙なことにはなってほしくないというのが正直なところですね。

どこの国でもいいそうな気もしていますが、それに反発したら同じって事になりますから、黙して語らず、せめて世界一マナーの良い日本なんてのも並行して目指してはどうでしょうか?。ダメですかね。

カードローンは借り換えるに限る

3社から130万円借りている人がいました。

彼は消費者金融からの借り入れを繰り返し、今は返済のために新たに借りいれをするという自転車操業に陥ってます。

そんな彼が、思い切って銀行系のカードローンに150万の申し込みをしました。

比較的大きな会社で勤続年数も長かったこともアリ、なんと可決。

見事に一本化できたのです。

利息は平均17%だったのが1社にまとめると高額融資になるということで8%台。

これでかなり精神的に楽になったそうです。

やはり、おまとめローンとか、借り換えとかは複数から借りている人にとっては必須ですね。

これまでのタイのデモとの違いはあるのか

 タイでは、戒厳令による夜間外出禁止令が出ていたが、ついにプラユット陸軍司令官によって、22日にクーデーターによる全権掌握が発表された。これは1930年代から繰り返されてきた、今回19回目のクーデターになる。

 これで事実上、タクシン元首相派の政権は崩壊したことになる。携帯電話ビジネスで一大事業を無し、タイに構造改革をもたらしたタクシンの政治方向に、タイ国民がNOを示したのだと言い切っていいのかどうかはわからない。ただ単純に国王を頂く保守派が勝利したというような単純な構造ではないようにも見える。

 タイでは、今回のタクシン元首相のような汚職などから、なんらかの問題が発生し、その結果、軍がクーデーターを起して政権を奪い、さらに民主化を求めてクーデーターが起こり、それらが国を危うくなるほど熱を帯びてきたら国王が出てきて、「そのくらいにしておきなさい」と諌める。これを何度も繰り返してきた。今回も、色々問題は抱えているものの、同じような茶番劇を繰り返すことになるだけのことではないだろうかとも思う。

カードローンの借り換えとは

カードローンの借り換えとは、今借りているところとは別のところに借り換えて、金利を低くするような経済的メリットを求める行為をさします。